不動産の売買、資金など、疑問を解決する不動産投資情報サイトです。

不動産投資情報の「不動産と売買契約」

contents

不動産の探し方 不動産の選択 部屋の間取り 住宅の売却 不動産購入 重要事項説明書 不動産仲介業者 仲介業者選び

リンクについて

基本的にリンクフリーです。知らせる必要もありません。

アダルトサイト関連、マルチ商法関系などはご遠慮願います。

リンク先でのトラブル、損失には一切の責任を負いかねます。

不動産売買

不動産の購入や売却を考えるときは、どのような時期になるのでしょうか?考えてみましょう。

不動産売買の時期

今まで住んでいた場所から、新しい家に住み替えたいと考える方は少なくないのですが、ほとんどの場合、今の住まいが「住みにくい家」となった場合に多いようです。「住みにくい家」となるきっかけとして、家族構成や同居者の人数が変わった場合、ライフスタイルの変化、周辺環境や財産などのようにさまざまですが、住宅を購入、または売却する時期となる出来事も、さまざまなのです。

もちろん、購入の場合は「住みやすい家」というのを、手ごろな(手の届く)価格でと願うのは当たり前でしょう。しかし、その際の「どのように物件を探すか」を完全に把握している人は少ないでしょう。不動産の売買は一生の間で1回の場合が多いので、何度も売買を繰り返すという経験がある人のほうが珍しいのです。そのため、不動産売買に関することをよく知らない人も少なくないようです。ログハウスも珍しい建築になるので、詳しくご存知ない方も多いかもしれません。ログハウスに住むのは憧れますよね。見た目もいいですし、内装もお洒落で素敵ですもんね。ログハウスは環境にもやさしいお家なんです。シックハウス症候群などのアレルギーが気になる方にはログハウスもオススメです。

不動産売買と資金

不動産を購入する場合には、購入資金の問題が上がってくると思います。購入資金の資金計画を立てて、大体の予算を決めることができれば、物件を選ぶときの値段の基準の1つとなります。不動産の代金以外にも、引越し代金や税金などを始めとする、費用も掛かってきますので、資金については、多少の余裕があるのがベストとも言えるでしょう。ちなみに、購入する物件が中古の場合には、車と同じく、リサイクル費用が必要になることもありますので、注意しましょう。

以上のことを頭に入れておけば、大体の物件購入の際の資金が必要かわかるはずです。不動産売買は、一生に何度もあるようなものではありませんので、どんな不動産売買でも、慎重に考えておくことが必要です。特に、最近は不況の状態なので、将来を見通し、無理の無い範囲での資金計画を立てておくことが必要です。

基本的に購入の際には、頭金として購入代金の2割は自分で払い、後はローンとすることが一般的になっています。つまり、3000万円の物件なら600万円は自分で出し、後はローンを利用するという事になります。

不動産売買ですから、売る場合の資金を考えてみましょう。売るほうは「お金を払う必要は無い」、なんてことを考えている人は甘いです。不動産会社に仲介を依頼していれば、仲介手数料として、売上代金から数%+6万円が必要ですし、売却の代金が入れば、そこに所得税や住民税を払う必要があります。つまり、家を売ったお金が全て自分の物とはならず、あらゆる理由により引かれていくのです。

売って、購入の資金にすることを考えている人は、ここまでを予測しておかなければなりません。また、売却資金をある程度予測してもらっているでしょうが、それで買い手が見つからなければ、値引きされるのは言うまでも無いと思います。そのため、家を売却して住み替える際には、不動産を売却した際の値段を考えない資金を作っていることが賢明と言えます。

注目サイト

沖縄の青の洞窟でシュノーケル体験

アメリカ雑貨が好きなら

ラジコンヘリ専門店

北海道 スノーモービル

東京スカイツリーを屋形船から見る

▲ページのトップへ